背圧レギュレータ 真空制御弁

背圧レギュレータ | 真空制御弁
Equilibar社は、世界中で最も要求の厳しい応用製品のための、革新的な圧力制御製品を設計、構築することに焦点を当てている製造業者です。当社は、複雑な問題に対する最適なソリューションを提供するために、産業界や研究機関と直接協力しています。 Equilibar社は、以下の分野に特化しています。:

  • 背圧制御弁
  • 真空レギュレータ
  • 超低圧及び差圧向け制御装置

背圧レギュレータ

Equilibar社のレギュレータは、従来の弁のデザインに比較して、幾つかの利点を提供しています。Equilibar社は、複数の並置されたオリフィスを、同時に装置の流れが通過する特殊技術を用いています。従来のレギュレータのデザインは、 装置の流れが1つの主弁座を通過するように調整する単一の可動弁体を利用しています。Equilibar社のデザインは、従来のレギュレータに見られた、多くの限界を乗り越えています。

二相流

T従来の背圧レギュレータは、液相と気相が混合して制御される際には、圧力スパイクを生じていました。二相流は単一のオリフィスを同じ速度で通過することはできません。 Equilibar社の複数のオリフィスを持つデザインでは、液相が幾つかのオリフィスを通過でき、他方、気相は残りのオリフィスで制御されます。背圧は、望まれる設定圧力で安定したままです。

超低流速から超高流速まで

従来のレギュレータは、必要とされる最高流速を満たす能力のある、単一の主弁通過面積を持っていなければなりません。これは、装置流速が非常に低い場合には、圧力を正確に制御することを困難にしています。Equilibar社の複数のオリフィスを持つデザインは、装置流速が低い場合には、単一の小さなオリフィスを除き、すべての流路を閉じることにより、その問題を解決しています。流速が急激に増加する場合には、更なる並 に配置されたオリフィスが、即座にアクションを起こし、背圧は正確に望まれる設定圧力を維持します。

Equilibar社の背圧レギュレータで詳細な説明をご覧ください。

真空レギュレータ及び制御弁

Equilibar社の真空レギュレータは、従来の真空コントローラよりも良く機能し、より多くの柔軟性を提供するようにデザインされています。Equilibar社は、複数並列配置されたオリフィス領域を、直接シールするダイアフラムを使用しています。そのダイアフラムは可動部のみです。Equilibar社のデザインでは、従来の真空レギュレータが体験する内部摩擦とヒステリシスを除去しています。この斬新なデザインはまた、Equilibar社の製品が特定の温度、腐食性媒体、清浄度又はコストの懸念から来る要件を満たすため、幅広い素材から製造されることを可能としています。

流速を変化させることによる安定した真空制御

従来の真空レギュレータは、内部にばねを利用し、ダイナミックO―リングシールを必要とします。これらは、真空制御において変動性を生じ、特に装置流量の需要が変化する場合に変動性を生じます。 Equilibar社は、流速が非常に低い場合には、単一のオリフィスのみが制御を提供できるようにすることにより、これを解決しています。低流速の間には、不必要なオリフィスは閉じられたままです。超低流速での、優れた制御が確認されています。流速の需要が増加する際には、残りの複数並列配置されたオリフィスからの流量が追加されます。単一の可動膜は摩擦が無く、従来の制御弁に見られるヒステリシスを除去しています。

高温あるいは腐食性媒

Equilibar社のデザインのもう一つの利点は、特定の応用製品に適合した素材で作ることができることです。本体のステンレス鋼合金は、真空蒸留や真空結晶化装置などの高温で使用されるために、薄膜金属ホイル製ダイアフラムと対にすることができます。ハステロイ、アロイ A20又はアセタール本体素材は、腐食性、湿潤又は高温の媒体に対して最大の耐力を得るために、PTFE製ダイアフラムが適合する場合があります。

Equilibar社の真空レギュレータで詳細な説明をご覧ください。

低圧制御装置

Equilibar社は、低圧で正確に制御する、圧力レギュレータを提供しています。低圧オプションには、手動制御減圧レギュレータ、電子式制御圧力レギュレータ、真空レギュレータ及び背圧弁を含んでいます。

低圧向け圧力レギュレータ

Equilibar LPRは、非常に精密な制御を必要とする、研究室や較正向け応用製品などの超低流速及び静的応用製品のための、手動制御圧力レギュレータです。

モデル4100 は、高流速で低圧を制御する、ノブにより調整するレギュレータです。圧力範囲は最小10 mBar まで可能.

電気式圧力レギュレータ

Q シリーズは、電子式の圧力設定信号により制御される、高分解能の圧力レギュレータ群です。

指令信号は、正確な閉ループ制御のために、オンボードの内部圧力トランスジューサからの信号と直接比較されます。

Qシリーズは、必要とされる流量を供給するために、実比例ソレノイドバルブ又は機械式容積増加増幅器を利用します。

低圧差圧レギュレータ

Equilibar HV シリーズは、大気圧近傍又は非常に高い流速を必要とする、低差圧の応用製品を扱うために特別にデザインされています。

代表的な応用製品には、蒸気回収装置、低圧グローブボックス真空制御、タンク被覆、膜濾過及び分離装置を含んでいます。

圧力範囲は最大制御範囲1 Barで最低10 mBarまで可能です。ポートサイズはDN50 からDN200までです。ステンレス鋼製及びPTFEテフロン製接液部品が利用可能です。.

Equilibar社の低圧制御で詳細な説明をご覧ください。

Equilibar社の技術者に直接ご連絡ください。

Equilibar社は、お客様のお問い合わせを歓迎致します。当社の技術者の一人が、お客様のお申し込みの詳細を注意深く、即座にレビューし、お客様の技術的要件を満たす、適切なEquilibarレギュレータを特定します。当社の目標は、お客様が翌朝には返事を得られるように、当日の営業日内にフィードバックを提供することです。inquiry@equilibar.comまで当社へ電子メールをお送りになるか、以下の短いフォームをご利用ください。

背圧レギュレータ 真空制御弁

背圧レギュレータ

Equilibar背圧レギュレータ 真空制御弁

低圧レギュレータ

背圧レギュレータ

エアパイロットレギュレータとパイロット圧力計が取り付けられた背圧レギュレータ ポリ四フッ化エチレン(PTFE)製ダイアフラム付きステンレス鋼製GSシリーズ が示されています。

真空レギュレータ及び制御弁

手動調整可能なパイロット設定圧力レギュレータ付き高流速 DN50 (2 インチ) 真空レギュレータ。 軽量プラスチック製 NLB シリーズが示されています。

低圧レギュレー

LPR2 は、ノブを手動で回すことにより調整する、低圧レギュレータです。

 電気式圧力レギュレータ

Q シリーズ電子式圧力レギュレータは、低圧を正確に制御することが可能です。

低圧差圧レギュレータ

HVは、大気圧に近い圧力を制御する、高流量背圧レギュレータです