低圧レギュレータ

手動操作又は電子的制御が、低流速から高流速までのモデルで入手できます。

低圧レギュレータEquilibar社は、低圧および超低圧装置の制御に特化しています。当社は、100 mBar以下の圧力範囲で機能する、幾つかの特殊な製品や技術を提供しています。いずれかのリンクをクリックして、英語でのより詳細な説明をご覧ください。

低圧で非常に高流速向けの高容量(HV)背圧レギュレータ (English Page)

HV製品は、1 Bar以下の圧力で高流速を制御するために最適化されています。通常の応用製品は、100 mBarで大きなタンク内に気体圧力を保持しています。

過剰な気体圧力は、日中を通してタンクが熱せられる際や、気体がタンク内にポンプで汲み入れられる場合には、排気されなければなりません。HV はステンレス鋼304L合金又はステンレス鋼316L合金で入手できます。ダイアフラムの選択には、ポリ四フッ化エチレン(PTFE)テフロン、UHMWポリエチレン、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、ビトン、 ブナN及びEPDMを含みます。

HVは、小さな手動調節のパイロットレギュレータにより制御される、又は電子的に遠隔制御される圧力レギュレータです。

超低圧レギュレータ – LPR2 (Enlish Page)

最低範囲が利用可能です!
減圧レギュレータは、.75から70 mBar (60 から2000 Pa)の範囲で圧力を制御します。LPR2 は、低流速や流れのない応用製品にとって理想的です。空気と不活性ガス応用製品向けのみです。

非常に低流量及び流れのないプロセス向けにデザインされた、LPR2は研究室での試験に理想的です。LPR2はまた、試験の下でユニットの設定値を証明する、較正や品質管理機器に利用されます。LPR2はまた、Equilibar背圧レギュレータのドームへ設定値圧力を提供します。

高流量低圧レギュレータ (English Page)

高流速で利用できる最高の精度
Equilibarのモデル 41圧力レギュレータは、0 から35 mBar までの低圧範囲と、 0-350 mBar までの高圧範囲で入手できます。

大型の ½インチ又は¾インチ NPT (DN15又はDN20サイズ) は、毎分680リットルの高流速を可能とします。圧力制御は、マルチターンノブにより手動で調整されます。

モデル41は空気と不活性ガス応用製品向けに意図されています。

Ultra Low Pressure Electronic Regulators (English Page)

Equilibar 社は、電子式圧力レギュレータで利用可能な、最低の圧力範囲を提供しています。Qシリーズは、0 まら 22 mBarまで (0 から2500 Paまで) の圧力範囲で完全な較正を提供しています。

QPV電子式圧力レギュレータは、実比例ソレノイドバルブを特徴とする、新しいアナログ弁技術を編入しています。QPVは、実質的にヒステリシスやデッドゾーンのない、超高解像度で圧力を制御するために利用されます。

Qシリーズ電子式レギュレータは、電子的指令信号に基づいて圧力を制御します。 内部圧力トランスジューサが、実際の圧力結果を計測するために用いられます。望まれる電子式指令入力と実際に達成される圧力との差は、必要とされる空気を加え、または差し引くために、Qレギュレータのソレノイドバルブを駆動します。利用可能な指令信号には、0-10VDC、4-20mA、RS232/RS485及びEthernet IP シリアルデジタルを含んでいます。

超低圧背圧レギュレータ(English Page)

O当社の特殊な背圧レギュレータのデザインは、究極の感度と精度を提供します。操作圧力は、最低 60 Pa (1 mBar)までです。感度は0.1 mBar 以上が可能です。

LPR2 超低圧レギュレータは、パイロット設定圧力信号を提供するために利用されます。写真は、GSシリーズ背圧レギュレータへパイロット信号を提供している、Qシリーズ低圧電子式レギュレータを示しています。

低圧応用製品向けEquilibar背圧レギュレータの主な利点は、腐食性化学物質、蒸気、二相流までで利用できることです。

低圧レギュレータの主な応用製品:

破裂板保護:

押し出し型: Equilibar低圧レギュレータは、冷却したまま、精密な圧力で熱間押し出し内部の圧力を保持するために利用されます。壁厚みと直径は一層正確に維持されます。

タンク被覆又はタンク埋め込み: Equilibar は、幅広い範囲の流量条件下で正確に圧力を維持します。それは、予備容量により高流量サージを制御下に保ったまま、低流速下で正確に圧力を維持できます。

製品概要のパンフレットをダウンロードする

Equilibar社の技術者に直接ご連絡ください。

Equilibar社は、お客様のお問い合わせを歓迎致します。当社の技術者の一人が、お客様のお申し込みの詳細を注意深く、即座にレビューし、お客様の技術的要件を満たす、適切なEquilibarレギュレータを特定します。当社の目標は、お客様が翌朝には返事を得られるように、当日の営業日内にフィードバックを提供することです。inquiry@equilibar.comまで当社へ電子メールをお送りになるか、以下の短いフォームをご利用ください。

背圧レギュレータ- 真空制御弁

背圧レギュレータ

背圧レギュレータ-真空制御弁

製品概要のパンフレットをダウンロードする

 

低圧で非常に高流速向けの高容量(HV)背圧レギュレータ

HV レギュレータは、高流速で大気圧に近い背圧を制御します。

超低圧レギュレータ

LPR2 は高分解能で低圧を調整します。
高流量低圧レギュレータ

高流量低圧レギュレータ

M4100 は低圧向け高流量圧力レギュレータです。

超低圧電子式レギュレータ

Q シリーズ電子式圧力レギュレータは、高精度の圧力センサを特徴としています。

超低圧背圧レギュレータ

Q シリーズパイロットは電子式背圧レギュレータを作っています。

Equilibar News

Tony Tang gives presentation at ISA Symposium

Reflections on Singapore's ISA Analysis Division Symposium

In September Equilibar’s engineering manager, Tony Tang, traveled to Singapore to attend the ISA Analysis Division Symposium. The trip was a great opportunity to work with our partners at Practical Analyzer Solutions and to meet several key clients face to face for the first time. Singapore is known for its successful blending of diverse cultures Read More

Read More