背圧レギュレータ

 当社の特許を取得した背圧レギュレータのデザインは、取り入れ口ポート圧力とパイロット参照圧力間の圧力バランスを、信じられない感度11を維持するため、複数のオリフィスを持つ柔軟なダイアフラムを用いています。

その結果は、信じられないほどの広範な流速範囲に渡り、ほとんどの気体応用製品に対して、通常1%以内の精度を実現する、高性能なレギュレータとなっています。

背圧レギュレータ

Equilibar背圧レギュレータの主な利点

高精度

取り入れ口圧力は参照圧力と、幅広い流量範囲に渡り、1-2%以内で釣り合い、ほとんどの研究向け応用装置では0.5%よりも良いです。液体及び気体向けの工業用試験台で、頻繁に利用されています。性能曲線を参照してください。

腐食性化学物質との互換性

当社の多くの素材のオプションには、100%構造並びにハステロイC276及びSS316Lを含んでいます。当社の製品は、実質的に既知のすべての腐食性化学物質との互換性を持つように作ることができます。化学物質との互換性の詳細。

高圧

当社の背圧レギュレータは、690 Bar までの最高圧力を持っています。特別注文の応用製品向けは、幾分より高いです。当社の研究向けシリーズレギュレータについての詳細をご覧ください。

低いデッドボリューム

当社の1/16インチ (DN4) 配管継ぎ手オプションは、当社の背圧レギュレータの総デッドボリューム0.2 mlをもたらしています。低いデッドボリュームを必要とする、高性能液体クロマトグラフィーやガス分析サービスに便利です。

広い流量範囲

当社の特殊技術により、ほとんどの応用製品において、1000:1の流量範囲に渡る精度を実現可能です。多くの研究用応用製品においては、最大10,000:1が可能です。

二相流

当社の特殊なデザインにより、信じられないほどの取り入れ口圧力安定性を維持しながら、液体と気体が一緒に流れることを可能としています。当社の複数のオリフィスを持つデザインは、二相流における圧力擾乱を最小にする上で理想的です。

高温

当社のステンレス製ダイアフラムは、多くの応用製品において300℃まで利用することができます。当社はまた、450℃までの応用製品向けに、ベータレギュレータを用意しています。高温の反応炉を利用する、石油化学製品のガス分析や研究に便利です。

超低流量

流量係数1E-8以下の、遥かに低い流速が利用可能です。

超低圧

デリケートなダイアフラムを利用している当社の技術により、125Paまでの精度を実現できます。当社の低圧レギュレータの詳細な説明を参照してください。

如何に機能するか

手動又は電子式背圧レギュレータ

パイロット圧力は、手動又はマニュアル電子式パイロット圧力レギュレータにより、設定されます。

Equilibar® 背圧レギュレータは、ドームロード型背圧レギュレータの特殊な種類です。それは、3つの個別の圧力間で、柔軟な膜上に特殊な力のバランスを形成することにより、流体のトランジスタのように機能します。流体取り入れ口圧力と下流のベント圧力がオリフィスにより分離される、ダイアフラムの湿潤面に存在します。パイロット設定圧力は、ダイアフラムの非湿潤面に存在します。

取り入れ口での低圧は、オリフィスとの気密性のシールにおいて、ダイアフラムを保持しようと試みます。しかしながら、流体取り入れ口圧力とパイロット設定圧力間に幾らかのかすかな過剰があれば、急速にこれらの着座力を圧倒し、ダイアフラムをオリフィスから引き上げてしまいます。その結果、稲妻のように素早い応答で、取り入れ口圧力を設定圧力ときっちりと平衡させ続けます。

従来の背圧レギュレータは、徐々に開くためにばねを利用して、過剰圧力がばねを圧縮するために利用されるようなっています。ばねが圧縮される際の、このばねの力の変化は、従来のデザインにおける主な誤作動や過剰圧力の原因です。特殊な複数のオリフィスを持つデザインはまた、Equilibarに極めて広い流量範囲、従来の背圧レギュレータの通常100倍広い流量範囲をもたらしています。

より詳細な説明は、以下のリンクで英語のページをご覧ください。

主な応用製品

研究用背圧応用製品:

  • 触媒研究/反応炉圧力制御 – 気体と液体の混合物を取り扱う能力により、高圧セパレータの必要性を取り除いています。
  • T石油コア分析 – Equilibarは、マイクロ及びナノレベルの流量範囲を正確に制御します。
  • 超臨界 CO2制御 – Equilibarレギュレータデザインは、凍結や詰りに対抗するために、従来のレギュレータとは異なっています。
  • T膜分離 – Equilibarは摩擦が無く、それゆえ差圧は緊密に維持されます。
Research シリーズドームロード背圧レギュレーター

工業用背圧応用製品:

    • 燃料電池 – Equilibarは、直接高温及び湿潤排気ガスで運用します。
    • 燃料ポンプ試験 – Equilibarは、ポンプ流速が変化しても、設定圧力を維持します。
    • 振動吸収 -Equilibarのエアパイロットは、振動や圧力スパイクを制限するためのエアが充填された吸収装置として作用します。
    • タンク被覆 – Equilibarは、非常に低い設定圧力でも正確に運転します。
    • 押し出しルーメン膨張 Equilibarは、高分解能であり、それゆえ、物質が流れる全体に渡り圧力は安定したままです。
    • ポンプ圧力制御 -Equilibarを使用して、電子的に可変なポンプ出力圧力を提供します。
    • 破裂板保護 – Equilibarは、ランダムなスパイクが、安全破裂板を破裂させるのを防ぐように、正確にプロセス圧力を制御するために利用できます。
General Service シリーズドームロード背圧レギュレーター BD シリーズドームロード背圧レギュレーター

Equilibar社の技術者に直接ご連絡ください。

Equilibar社は、お客様のお問い合わせを歓迎致します。当社の技術者の一人が、お客様のお申し込みの詳細を注意深く、即座にレビューし、お客様の技術的要件を満たす、適切なEquilibarレギュレータを特定します。当社の目標は、お客様が翌朝には返事を得られるように、当日の営業日内にフィードバックを提供することです。inquiry@equilibar.comまで当社へ電子メールをお送りになるか、以下の短いフォームをご利用ください。


背圧レギュレータ- 真空制御弁

背圧レギュレータ-真空制御弁

低圧レギュレータ

製品概要のパンフレットをダウンロードする

Equilibar背圧レギュレータ

Equilibar バックプレッシャーレギュレータパイロットが操作されている

 

背圧レギュレータ流量グラフチャート

Equilibarは流速が増加しても、圧力を正確に保持します。

Equilibar News

Diane Jacober, team member spotlight

Team Member Spotlight: Diane Jacober, Mechanical Engineer and Marketing Specialist

We are happy to introduce Diane Jacober, a mechanical engineer who has been working as marketing specialist for Equilibar since late last year. Diane brings a unique and especially useful set of skills to Equilibar.  She earned bachelor’s and master’s degrees in engineering from Dartmouth College and has worked as a process engineer, project engineer […]

Read More